ポケモンGOのロゴ
ポケモンGOは東北3県でのイベントを一時停止

拡張現実(AR)ゲーム「ポケモンGO」は、岩手、宮城、福島3県の沿岸部で実施していた人気キャラクター「ラプラス」の出現イベントを一時停止した。福島県沖で発生した地震の影響で東北沿岸部に津波警報が発令となったため。


イベントは、東日本大震災で被害の大きかった地域の復興支援の意図もあって、11月23日までの期間限定で実施中。

ポケモンGOは日本向けにTwitterで「東北の今を感じる旅に是非おでかけください!きっとポケモンGO以外でも素敵な発見がたくさんあると思います」と発信。ファンがラプラスを捕まえにゆくだけでなく、地元の観光や交流などにも興味をしめすよう期待していた。

その後11月22日5時59分ごろ震度5弱の地震が発生。気象庁によると震源地は福島県沖、いわきの東北東70km付近で、震源の深さは約30km、地震の規模を示すマグニチュードは7.4と推定している。

気象庁による津波注意報の範囲
22日午前における津波注意報の範囲(出典:気象庁)

気象庁は関東から東北の太平洋側の広い地域に津波警報を発令。22日10時30分時点では順次、津波注意報に切り替わり、解除となっている地域もあるが、引き続き注意が必要となっている。

【追記 2016/11/22 16:35】

イベントは再開せず終了することが決まった