自動運転のようすを示すスクリーンショット
ドライバーの手はずっと膝の上だ

Tesla Motors(テスラ)が新たに公開した「自動運転」の動画が注目の的になっている。YouTubeでの再生回数は11月21日時点で10万回を超えている。


テスラのSUV「モデルX」に新型機器を積み込んで実現したとする。

動画はなかなか印象的だ。運転席に座った人物は終始、両手を膝の上に置いたまま。クルマは勝手にステアリングはくるくる回転させながら、交通量の多い道路を進み、交差点できれいに止まり、歩行者や自転車をとらえると速度を落とし、的確に停止したり発進したりして目的地へ向かう。

濃い霧の中でも影響を感じさせず、曲がり道でも車線から逸れず、縦列駐車までこなすさまにはあらためて驚かされる。自動運転を構成するひとつひとつの技術はすでに完成しつつあるといっても、一体となって働いているのを見るとつくづく時代の変化を意識せずにはいられない。

クルマの目で見た道路のようす
クルマのカメラやセンサーがなにを「見て」いるかも表示

ちなみに動画の右側にはモデルXのカメラやセンサーがなにを「見て」いるのかを分かりやすく表示している。一度に複数のクルマを認識し、歩行者の横断にも注意を配るようすを、色とりどりの四角い枠であらわしている。コンピューターの進化に目を見張るとともに、普段人間のドライバーがいかに高度な作業をしているのかも考えさせられる。