再生紙で製作された自転車用ヘルメット「EcoHelmet」

11月17日、ジェームズ ダイソン財団が主催する「ジェームズ ダイソン アワード2016」の国際最優秀賞が発表された。受賞作品は米国人デザイナーであるIsis Shifferさんが発明した「EcoHelmet」。これは再生紙でできた、折りたためる自転車用のヘルメットだ。

再生紙で製作された自転車用ヘルメット「EcoHelmet」

Shifferさんは、自転車シェアリングサービスの問題点を解決するために「EcoHelmet」を開発した。シェアリングサービス利用者の多くが、ヘルメットを着用していないことにShifferさんは気付いたためだ。シェアリングサービスでは、自転車はレンタルしているが、ヘルメットはレンタルしていないのがその最大の理由だという。

再生紙で製作された自転車用ヘルメット「EcoHelmet」

Shifferさんは、シェアリングサービスを利用する人が、簡単に利用できるヘルメットはどのようなものかと考え、「EcoHelmet」にたどり着いたそうだ。

再生紙で製作された自転車用ヘルメット「EcoHelmet」

「EcoHelmet」のセル構造は、衝撃を頭部全体に均等に分散させるため、従来のポリスチレンヘルメットと同様の効果を発揮できるという。

再生紙で製作された自転車用ヘルメット「EcoHelmet」

また、独自のハニカム構造により、使用しない時には平らに畳むことができる。これなら自動販売機などで販売する場合でも場所を取らない。また、購入者は折りたたんでカバンなどに入れておけば、シェアリングサービスを利用するたびに繰り返し使うことができる。

再生紙で製作された自転車用ヘルメット「EcoHelmet」

再生紙で製作された自転車用ヘルメット「EcoHelmet」

構造がシンプルで材料も安価なことから、製造コストを低く抑えられるのも魅力のひとつ。1個5ドル程度で販売できる見込みなのだとか。

“発明”と聞くと、研究・開発にお金がかかると思い、自分には無理だと考えてしまう人も多いだろう。だが「EcoHelmet」を見ていると、そのような考えは思い込みに過ぎないことに気付かされる。国際最優秀賞に選ばれたヘルメットの主な材料は、再生紙なのだから。

再生紙で製作された自転車用ヘルメット「EcoHelmet」