燃料電池技術を採用したバスとトラック
バスもトラックも水素で

水素で走るクルマ「MIRAI(ミライ)」などが採用している燃料電池技術。それを大型トラック(セミトレーラー・トラック)に応用するための調査をトヨタ自動車が始めた。

ミライのイメージ画像
MIRAIの技術を多分野に応用

貨物輸送における「ゼロ・エミッション(廃棄物なし)」の実現をめざす取り組み。米国カリフォルニア州で調査を進める。

トヨタはほかにも2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京都を中心に100台以上の燃料電池バスの導入を予定している。2017年はじめにはFCバスを日本で初めて販売する予定。

さらに今後は燃料電池フォークリフト、家庭用の据え置き型燃料電池なども開発したい考えだそう。