ソニービルの展示品
日本初のトランジスタラジオなど

建て替えを目前にした東京・銀座のソニービルで、その歴史をソニー製品とともに振り返るイベント「It’s a Sony 展」が開催予定だ。日本初のトランジスタラジオ「TR-55」などを展示するそう。開催期間は2016年11月12日~2017年3月31日。

「It’s a Sony」は、1970年代に米国での広告に使った言葉。ソニー製品の独自性を短い言葉で表現しようと試みた。日本国内でも1982年から2000年にかけてテレビCMなどで使った。

イベントでは2017年2月12日までTR-55や初代ウォークマン「TPS-L2」、ペットロボット「AIBO」などの製品を当時の広告とともに鑑賞できる。アンディ・ウォーホルによる版画「SONY-WALKMAN」や、各界の著名人など10人の思い出のソニー製品が見られるコーナーもある。展示数は約730点。

2017年2月17日以降は、2018年夏にソニービル跡地にオープン予定の公園「銀座ソニーパーク」のようすを先取りして見られるインスタレーションが登場する。

ソニービル跡地は2018年夏から2020年秋のあいだは銀座ソニーパークとして開放し、2022年までに新しいソニービルを建設する見通し。