ビューカードとApple Pay
ビューカードとApple Pay。ちょっと関係が複雑?

10月25日、iPhone 7/7 Plusで、IC乗車券・電子マネー「Suica」が利用できるようになった。初日とあって、使い始めた人は試行錯誤。機能に制限も多いため「できること」「できないこと」をめぐって混乱も起きている。

Visaだとチャージできない?

iPhone 7/7 PlusでSuicaを使う際、電子マネーの残額が一定額を下回ると、自動でクレジットカードから入金をしてくれる「オートチャージ」が便利だ。

Suicaの専用アプリケーションをダウンロードし、さらにJR東日本グループのクレジットカード「VIEW CARD(ビューカード)」を入手し、決済方法として設定すればよい。

ちなみにビューカードではVisa、MasterCard、JCBとさまざまな国際クレジットカードブランドが選べるが、Visaブランドはやや使い勝手が悪くなる。

iPhone 7/7 Plus本体が持つ電子決済機能「Apple Pay」とVisaブランドのビューカードを組み合わせようとすると、Suicaへチャージができない。またレストランなどでApple Payで支払いをしようとしても、ポストペイ型電子マネー「QUICPay」加盟店以外ではVisaブランドのビューカードは利用できない。

専用アプリを使おう


だがApple Payではなく、Suicaの専用アプリとVisaブランドのビューカードを組み合わせればオートチャージの決済方法として利用できる。

iPhone 7/7 PlusでSuicaのチャージ方法が、Apple Payと専用アプリの2種類あるのが混乱のもとだろうか。

いささかこみいった話なので、多少めんどうでも、非公式な情報ではなく、じっくり公式サイトのガイドを読んで把握した方がよさそうだ。