分離型キーボード
2つに分かれるキーボードだ

小型の分離型キーボード「Barocco MD600」が10月末に発売予定だ。東京都のアーキサイトという企業が取り扱う。

台湾のキーボードブランド「Mistel keyboard(ミステルキーボード)」の製品。左右に分離した状態で利用可能。人間工学に基づいて設計しており、長時間使っても手首の疲れや不快感が少ないそう。

キーボードの操作イメージ
疲れにくいデザイン

英語配列で、ハードウエアマクロ機能によりキーの配置変更、キー入力パターンのプログラミングが可能。通常の配列に加え「Layer 1」~「Layer 3」の3つのプロファイルが設定可能。例えば、左右それぞれのスペースキーに別々のキーを割り当てられる。また右側だけに、すべてのキー入力操作を割り当て、片方だけで使える。

マクロ機能とは別に、3種類のレイアウトタイプの切り替えが行える。基本設定のQWERTY配列に加え、Dvorak配列、Colemak配列のレイアウト設定が選べる。

耐摩耗性、電気特性に優れた PBT(ポリブチレンテレフタレート)樹脂を採用した肉厚キーキャップを採用する。メカニカルキーボードの定番としてCHERRY MXスイッチも搭載している。

黒軸、茶軸、青軸、赤軸
黒軸、茶軸、青軸、赤軸などを選べる

打鍵感の異なる黒軸、茶軸、青軸、赤軸、白軸搭載モデルがそれぞれラインアップに並ぶ。