ダイキンの人工知能エアコン
ダイキンは人工知能技術を駆使したエアコンを研究する

人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)技術を駆使したエアコンを、ダイキン工業とNECが研究する。

室内にいる人の顔つきや声、脈波などを監視し、温度、湿度などの情報とともに分析。「集中していない」「疲れている」「眠い」などの状態を判断して、エアコンの運転を調整する。

ダイキンのエアコン制御の研究
AIを駆使して働く人の状態を分析する

ダイキンの技術開発拠点「テクノロジー・イノベーションセンター」にある実際のオフィスや実験室を使って、働く人の生産性を高めるような空調の制御をめざす。

ダイキンの研究開発拠点
ダイキンの研究開発拠点へ実際に導入

ダイキンの研究開発拠点
個別のブースや

ダイキンの研究開発拠点
開放型のステージなどで実験する

2020年をめどに、この技術を製品に反映することを検討しているという。