シトロエン2CVが電動アシスト自転車「2CV Paris」に

イタリアの自転車メーカーAgnelli Milano Biciは、シトロエン2CVとトライク(3輪自転車)から「2CV Paris」を制作しました。世界から少しずつ姿を消しつつある2CVを電動アシスト自転車という形で楽しめるカスタムカー(?)に仕上げています。

シトロエン2CVが電動アシスト自転車「2CV Paris」に
シトロエン2CVとカーゴバイクから制作された「2CV Paris」

この自転車のフロント部分は1980年製の2CVで、バック部分は1929年製の自転車Doniselli Duomo。この2台を1台にまとめた、ある意味“ニコイチ”な乗り物が「2CV Paris」です。2台のクルマから作られた“ニコイチ”車は昔はよく見かけたものですが、クルマと自転車の“ニコイチ”は珍しいのではないでしょうか?

シトロエン2CVが電動アシスト自転車「2CV Paris」に
参考画像1:「2CV Paris」制作に使用された1980年製の2CV

シトロエン2CVが電動アシスト自転車「2CV Paris」に
参考画像2:「2CV Paris」に使われたものとほぼ同型のDoniselli Duomo

シトロエン2CVが電動アシスト自転車「2CV Paris」に
参考画像3:上記2台を1台にまとめた“ニコイチ”車が「2CV Paris」!

制作したのは同社のLuca Agnelli氏。同氏によればDoniselli Duomoは、アイスクリームや花などの移動販売で使用されるカーゴバイクだったのだそう。そのカーゴ部分に2CVのノーズを取り付けたのだそうです。と、こう書いてしまうと簡単そうに聞こえますが、実際には両者のサイズがかなり違っていたため、作業は困難を極めたのだとか。

シトロエン2CVが電動アシスト自転車「2CV Paris」に
この角度から見ると、確かにカーゴバイクですね

ドライブトレイン(?)を紹介しましょう。エンジン…というかモーターにはBafang製の36ボルト250ワットが採用されました。これに組み合わされたトランスミッション…というか変速機は6段のもの。この組み合わせにより、車体の重い「2CV Paris」をパワフルに前進させてくれます。

シトロエン2CVが電動アシスト自転車「2CV Paris」に
バッテリーはPanasonic 36V 10Ahだそうです

人間のパワーは0.2馬力程度と言われています。その0.2馬力のみで走行する自転車のデザインは、少しでも軽く、少しでも風の抵抗を受けないような方向に進化してきました。

でも、電動アシスト技術が進化したことで、軽くなくても、風の抵抗のことなど考えなくてもよいデザインが可能になりつつあります。その新しい進化の、現時点での最先端が「2CV Paris」と言っても良いのかもしれません。

シトロエン2CVが電動アシスト自転車「2CV Paris」に
もっとも、フロント部分のデザインは約70年前のものではあります…。

モーターのアシストを受けた「2CV Paris」は、もはや0.2馬力ではありません。かといって、2馬力(2CV)というわけでもないのですが…。

シトロエン2CVが電動アシスト自転車「2CV Paris」に
ちなみに、初期の2CVは9馬力でした

気になる価格ですが、Luca Agnelliさんによれば1万6,500ユーロだそう。日本円で約187万円です。これは2CVの程度の良い中古車を買えるお値段。買うかどうか、迷いますね。

シトロエン2CVが電動アシスト自転車「2CV Paris」に
値段が高くて、ごめんなさい

日本への送料については、「いくらになるか見当もつかないが、欲しい方がいるなら、喜んで配送の努力をする」と、Luca Agnelli氏は述べています。

シトロエン2CVが電動アシスト自転車「2CV Paris」に
フロントカーゴ部分には、たくさんの荷物が載せられますよ

同社の電動アシスト自転車のデザインはどれもユニークなもの。「2CV Paris」では、クルマのデザインを取り入れていますが、その他の自転車は1950年代のバイクのデザインを取り入れたものとなっています。それらは同社のWebサイトで公開されているので、ぜひ見てほしいそうです。

シトロエン2CVが電動アシスト自転車「2CV Paris」に
これも、魅力!