デジタルカメラ「LUMIX DMC-FZH1」
レンズ一体型デジタルカメラ「LUMIX DMC-FZH1」

パナソニックはデジタルカメラ「LUMIX」の新機種として、レンズ一体型デジタルカメラ「DMC-FZH1」と、コンパクトデジタルカメラ「DMC-LX9」を11月17日に発売する。価格はオープン。

両機種の特徴は以下の通り。

■LUMIX DMC-FZH1

大型1.0型高感度MOSセンサーと、開放F2.8-4.5光学20倍(24mm-480mm)LEICA DC VARIO-ELMARITレンズを搭載したモデル。高速オートフォーカスの「空間認識AF」や秒間30コマ連写の「4Kフォト」、秒間約12コマのフル画素連写に対応しており、決定的瞬間を撮り逃さないという。

動画においては、4K動画性能に加えて4:2:2 10bitのHDMI映像出力に対応しており、本格的な映像制作が可能。光学性能においては、全長不変のインナーズーム構成を採用しズーム時の像揺れを低減。滑らかな絞り制御や内蔵NDフィルターにより、快適な撮影を楽しめるそうだ。

■LUMIX DMC-LX9

デジタルカメラ「LUMIX DMC-LX9」
コンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-LX9」

ポケットサイズのボディに、広角24mmから光学3倍ズームの大口径F1.4-2.8 LEICA DC VARIO-SUMMILUXレンズと大型1.0型20.1M高感度MOSセンサーを搭載したモデル。レンズ絞りは9枚羽根虹彩絞りを採用しており、一眼カメラのようなやわらかく豊かなボケ味を楽しめるという。

そのほかに、秒間30コマ長時間連写の「4Kフォト」や撮影後に好きなフォーカスポイントを選べる「フォーカスセレクト」、複数のピントの異なる画像を撮影後に範囲選択して合成できる「フォーカス合成」に対応。180度チルトが可能な高精細約104万ドット3.0型のタッチパネルモニターも搭載し、タッチ操作やローアングル撮影、自分撮りなどができる。絞りリングやコントロールリング、後ダイヤルの搭載により、本格的な直感操作も実現したそうだ。