エフェメラルアプリの一覧
色々増えてる「エフェメラル」アプリ

投稿した写真や動画、発言が一定時間を過ぎると消える「エフェメラル(はかない)」アプリケーションが若年層を中心に人気だ。利用率トップは「SNOW」で、海外で人気の高い「Snapchat(スナップチャット、スナチャ)」を上回った。ジャストシステムが調査結果をまとめた。

この調査は10月13日、14日にインターネット上で実施し、20~40歳代の男女2,212人から回答を集めている。

エフェメラルアプリを知っているという人は42%。20歳代では48.7%と最も多く、次いで30歳代が38.3%、40歳代が35.9%。

ただし実際に利用している人はまだ6.7%にとどまる。

実際に利用しているという人にしぼってどのアプリを使っているか複数尋ねたところ、SNOWが56.1%となり、Snapchatの53.5%をわずかに上回った。前回3月の調査では、Snapchatがトップだった。

ジャストシステムの調査結果
(出典:ジャストシステム)

エフェメラルアプリを使う人のうち42.0%が「ほぼ毎日利用している」といい、特に20歳代は47.5%とほぼ半分近かった。

ちなみにエフェメラルアプリを使う人の71.4%は、投稿した内容のスクリーンショットを撮影したうえで、その写真をほかのアプリに転載した経験があるそう。