コーヒーを保温するUSBデバイス
コーヒーを保温、ただそれだけにUSBポートをひとつ使う贅沢

紙コップに入ったコンビニエンスストアのコーヒーをそのまま入れて保温できるUSB機器「USBCUPW2」が販売中だ。サンコーが取り扱う。

ノートPCなどにUSBでつなぐだけで、すぐ使える。紙コップの底に密着する専用ヒーターとグラつきを抑えるラバー素材で安定して保温する。コーヒーの飲み頃温度である約60~70度を4時間以上維持できるそう。

コーヒーを横に置いてPC操作する女性
これで作業に夢中になってもコーヒーは冷えない。おっとヒジには気を付けて

カップの取っ手は取り外し自由で、車のドリンクホルダーにも入れることも可能。

ドリンクホルダーに設置したようす
ドリンクホルダーにも入るよ

なおコンビニ各社の様々な紙コップのサイズL、M/R、Sに対応する。実は缶コーヒーも保温できるそう。

注意点としてカップ底の金属部分は、熱くなるので直接指で触らないこと。それと防水仕様ではないので、汚れが付いた場合には必ず乾いた布で軽く拭きることだ。カップ型をしているが直接飲み物を入れるのは厳禁。