日立の人工知能技術
Hitachi AI Technology/H(AT/H)のイメージ(出典:日立)

住宅ローンなどの審査を、人工知能(AI)技術を使って行う実証実験が10月1日から始まる。住信SBIネット銀行と日立製作所の取り組みだ。

日立のAI技術「Hitachi AI Technology/H(AT/H)」を利用する。以前から審査に使ってきた客の年齢や収入などに加え、これまであまり生かしていなかった地域ごとの経済指標や各種データの時系列の変化も自動で分析し、より迅速で高精度な審査ができるようにする考え。

住宅ローンなどの審査でデータ分析をする際は、長期間にわたる大量、複雑な情報を対象にするため、従来の一般的な統計手法をあてはめるのは困難だった。日立のAI技術はこうした作業が得意で、うまく強みを生かせると見込んでいる。

ところでAI技術で本当にローンの審査が高精度になるとすると、はたして通りにくくなるのだろうか、それとも通りやすくなるのだろうか。少なくとも審査の速度が上がることは期待できそうだ。