新型iPhoneをめぐるうわさのイメージ
新型iPhoneをめぐるうわさをハミィが分析

ちまたで「iPhone 7」とも呼ぶ新型iPhoneについて、アクセサリーを手掛けるHamee(ハミィ)がうわさをまとめ、分析している。iPhone 6/6sなどから買い換える人はケースも新調する必要があるかどうかも考察している。

ハミィが収集したうわさによると、新型iPhoneの大きさは、すでに販売中のiPhone 6/6sやとほぼ同じになりそう。ただ一方でカメラの位置と大きさが異なり、iPhone 6s/6用ケースのカメラ穴とずれる恐れがある。

また関連して「デュアルカメラの搭載」「イヤホンジャックがなくなる」といった設計変更に関する幾つかのうわさを列挙しており、サイズが同じといってもかなり変化があると示唆している。

既存のケースがそのまま使えるかどうか、ハミィは判断を保留しているものの、買い替えが必要になる可能性は十分ありそうだ。新型iPhoneを購入するつもりなら、お気に入りのケースが利用できなくなる覚悟はしておきたいところ。

なお、ハミィはほかにも販売価格や発売日、新たなボディカラーまで大胆に予測していて、iPhoneアクセサリーを扱う企業らしい関心の高さがうかがえる。