FavIconTrisのスクリーンショット
見える?ちゃんとブロックが落ちてきている

超極小サイズのパズルゲーム「FavIconTris」がちょっと話題になっている。ものすごく小さな画面にブロックが落ちてくるのを目を凝らしながら操作して遊ぶのだ。

FavIconTrisは、往年の人気パズルゲーム「テトリス」を小さな画面に再現したもの。専用のWebサイトを開くと、PCからキーボードを操作して遊べる。

さらにFavIconTrisには、変わった機能がある。「Favicon(ファビコン)」として利用できるのだ。ファビコンは、Webサイトをブックマークなどに登録すると、題名といっしょにあらわれる小さなアイコン。

いったんFavIconTrisを登録しておけば、あとはWebサイトを開かなくても、ブックマークのアイコンから直接ゲームを遊べるようになる訳だ。

ただ、あまりに画面が小さいので、よほど目がよい人でも長時間遊び続けるのは大変だろう。PCでの作業が多くすっかり視力が弱った技術者などにとっては、さらに難易度が高くなりそうだ。

しかし作者のBenji Le Gnard氏が8月下旬にこのゲームを発表してからというもの、なぜか技術者が集まる「スラド」などで関心を集めている。皆、「一体誰が得をするのか、虫メガネ屋か」とか「Windowsの拡大鏡機能が初めて役に立った」などと冗談を言いながら楽しんでいるようだ。