トミーカイラZZ、ホワイトパール
京大発のベンチャーが手掛けた

スポーツタイプの国産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」の試乗会兼展示会が、東京都港区で開催予定だ。期間は8月27日~9月11日。

京都大学発のベンチャー企業GLMが開発したスポーツEVで、発進から3.9秒で時速100kmに到達できる高い加速性能が特徴。ガソリンエンジンの高級スポーツカーに勝る加速を助手席で体感できるのがイベントの魅力。

展示車両はホワイトパールと特別イエローの2台。特別イエローは、タカラトミーの「トミカ」のミニカーが採用したカラーリングを再現した特注仕様という。

トミーカイラZZ、スペシャルイエロー
特別仕様のイエローモデルも

また期間中はトミーカイラZZの心臓部分として、モーター、バッテリー、車両制御ユニット、シャーシ部分などで構成する車体をショールーム内に展示している。

トミーカイラZZ、内部
車体内部のようすも

こうした試みは都内では初めて。