公衆電源の認証型コンセント
認証型コンセントという機器がある

誰でもiPhoneやAndroidスマートフォンなどに給電できる公衆電源「espot」が8月23日から始まる。まずは東京都内の飲食店やコンビニエンスストアなど36か所で利用できる。

東京電力エナジーパートナー、ソニービジネスソリューション、関電工の3社が運営を手掛ける。店内で電源として使える機器「認証型コンセント」を借りることが可能。

事前に購入したプリペイドカードをかざすか、またはQRコードをスマートフォンなどで読み取ってクレジットカード決済すると、認証型コンセントにつないだiPhoneやiPad、Androidスマートフォン、タブレットなどに給電が可能。利用料金は20分間100円(税別)が標準だが、店舗によって異なる可能性がある。

今回の東京都での試みは実証実験という位置付けで、2017年1月9日までの期間限定としている。

利用できる地域は東京都千代田区、中央区、港区、新宿区、江東区、目黒区など。大戸屋 5店舗41台、ローソン25店舗96台、東京テレポートセンター管理ビル6カ所13台、合計150台の認証型コンセントを設置予定。

街中で使える電源といえば、従来型携帯電話(フィーチャーフォン)時代からある「充電ボックス」や、店売りの充電器、カフェやファストフードチェーンが開放している電源まで、さまざまな取り組みがある。はたしてespotは、店や客にとってより使いやすいサービスとして普及するだろうか。