Outdoor Recorder EX-FR200
防水仕様だ

シャッターを1回切るだけで、周囲180度をぐるりと撮影し、1つの写真や動画として記録する不思議な機器「Outdoor Recorder EX-FR200」をカシオ計算機が9月中旬に発売する。

カメラとコントローラーが分離

カメラとコントローラーが一体になった製品で、分離して使うことも、合体させて使うこともできる。アウトドア向けで、耐衝撃、耐低温、防水、防塵仕様だ。

カメラとコントローラーが分離
切り離して使うことも

カメラとコントローラーを合体
合体させ、普通のコンパクトデジタルカメラのように使うこともできる

thetaに似てる?

ところで周囲をぐるりと撮影できる機器といえばリコーの「theta(シータ)」シリーズを思い出す。シータは単体では防水などの機能はないが、前後2つのカメラを備え、「全天球」360度を撮影できる。一方カシオのEX-FR200は単体ではカメラが1つで、半分の180度をカバーする。

リコーの「シータS」
リコーの「シータ」シリーズはカメラが2つついている

カシオの「EX-FR200」
カシオのEX-FR200はカメラ1台だが、買い足しが可能

ただEX-FR200には、追加でカメラ「EX-FR200CA」を買い足して組み合わせることが可能。2つのカメラを使えばシータと同じような全天球360度の撮影もできる。

カメラ2台を装備したところ
別売りのアタッチメントを使えばカメラ2台で「全天球」360度撮影もできる

またEX-FR200はカメラ1台でもさまざまな使い方が可能。カメラを上に向けて「水平」360度のパノラマを撮影したり、対角208度の超広角で撮影したりできる。

「水平」360度のパノラマ撮影
カメラ1台で「水平」360度のパノラマ撮影や

対角208度の超広角撮影
対角208度の超広角撮影も行える

Wi-FiとBluetoothに対応。カメラとコントローラーを分離して使うだけでなく、別売の腕時計型機器や専用アプリケーションを入れたスマートフォンと連携する。

全天球で撮影した動画をPC上で再生、編集し、動画共有サイト「YouTube」などに公開できるアプリもある。

これに加え別売りのアタッチメントとも組み合わせられる。リュックサックなどにカメラ部を取り付けて360度回転できる「マルチアングルクリップ」、セルフィーなどに便利な棒「マルチアングルスティック」、カメラ2台を取り付けられる「マルチカメラマウンター」などだ。

カシオが公開している仕様を見ると、EX-FR200は有効1,195万画素の1/2.3型CMOSを搭載し、F値:F2.8、焦点距離は35mm判換算で13.4mm。

カメラとコントローラーを組み合わせた本体サイズは60.9×154.8×46.2mm、重さは約238g。本体カラーはブラック。オープン価格だが、店頭実勢はEX-FR200が6万5,000円前後(税別、以下同じ)、カメラ単体の「EX-FR200CA」が5万円前後。