クルマをまたいで走るバス「TEB」の試験走行開始

今年5月に模型が公開され、大きな話題となった道路上のクルマをまたいで走るバス「Transit Elevated Bus(TEB)」の試験走行が、中国河北省の秦皇島市で予定通り開始された。中国新華社通信が伝えている。

“クルマをまたいで走るバス”が試験走行を開始
クルマをまたいで走るバス「TEB」の試験走行開始
(画像は新華社が公開したYouTube動画から)

「TEB」は、交通渋滞緩和目的で計画されている公共交通機関。“道路上の空間”というデッドスペースを活用することで、道路を増やした場合に近い効果が得られると期待されている。

模型が公開された時点では、実際にTEBが街を走ることはないのではという意見を述べる人が多かった。だが今回、試験車両「TEB-1」が公開され、世界中のメディアが驚きをもってこれを報道している。

「TEB-1」は、長さ22メーター、幅7.8メーターで、高さ4.8メーターの電動バス。片側2車線の道路をまたぐ形で、最高時速60キロで走行する。バスの上部には最大で300人までの乗客を収容可能。下部は全高2メートルまでのクルマが通過可能だ。

クルマをまたいで走るバス「TEB-1」の試験走行開始
上部には最大で300人までの乗客を収容可能
(画像は新華社が公開したYouTube動画から)

“クルマをまたいで走るバス”が試験走行を開始
下部では全高2メートルまでのクルマが通り抜け可能
(画像は新華社が公開したYouTube動画から)

新華社が公開した動画では、「TEB-1」に客が乗りこむ様子が映されている。これを見る限り、「TEB-1」には確かに渋滞軽減効果を期待できそうに思える。通常のバスであれば乗降の間は1車線を塞いでしまい渋滞の原因となることがあるが、「TEB-1」では乗降の間もクルマが通過できるためだ。

“クルマをまたいで走るバス”が試験走行を開始
乗降の間も、クルマがバス下部を通過可能
(画像は新華社が公開したYouTube動画から)

新華社によれば、すでにブラジル、フランス、インド、インドネシアなど複数の国々が「TEB」に興味を示しているという。


“クルマをまたいで走るバス”が試験走行を開始