iPhoneを有線LANに接続できる「RB-Connect」

もはや当たり前過ぎて話題に上らなくなったBYOD(Bring Your Own Device:私物端末の業務利用)。多くの人が自分のスマートフォンやタブレットをオフィスに持ち込み、業務で使用しています。

でも月末になると、データ通信残量が心もとなくなりがち。となると、残り少ないデータ容量を仕事では使いたくないな、と思ってしまうのは人情というものです。

だけど、オフィス内はセキュリティ維持のために無線LANが導入されてない、なんてこともしばしば。そんなオフィスで便利なのかもしれないのが「RB-Connect」です。

「RB-Connect」は、iPhoneやiPadなどiOSが稼働しているモバイルデバイスを有線LANに接続可能にするアダプタ。イーサネットケーブルを「RB-Connect」に挿し、「RB-Connect」のLightningケーブルをiPhoneやiPadのLightningコネクタに挿すだけで、iOSデバイスが有線LANを使用可能になります。

iPhoneを有線LANに接続できる「RB-Connect」

オフィス以外のユースケースとしては、“出張で泊まったホテルに、有線LANしかなかった”などが考えられます。また、「iPad+Bluetoothキーボード」をMacBookの代わりに使用している人にも便利でしょう。

「RB-Connect」を開発したドイツのrebotnix technologiesは現在、クラウドファンディングサイトkickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。129ユーロ(約1万4,800円)の出資で、「RB-Connect」を1個入手できます。思ったより、お値段はお高めですね。

データ通信量を節約できても、1万4,800円払うのでは意味がない。そんな声も聞こえてきそう。その場合は会社にかけあって、「RB-Connect」を経費で買ってもらうというのはどうでしょう?