米国セブン‐イレブンが、ドローン宅配のテスト飛行に成功
米国セブン‐イレブンの人気商品「Slurpee」

米国セブン‐イレブンは7月22日、ドローン配送会社Flirteyと協働して、ドローンによる宅配実験を成功させたと発表した。

今回の実験で配達されたのは、米国のセブン‐イレブンで人気のかき氷のようなドリンク「Slurpee」、チキンサンドイッチ、ドーナツ、ホットコーヒー、そして7-Selectブランドのキャンディ。冷たい飲み物、温かい食べ物、そして温かい飲み物など、配達に時間をかけられない商品が含まれていた。

米国セブン‐イレブンが、ドローン宅配のテスト飛行に成功
ホットコーヒーを、ドローンで宅配?

Flirteyのドローンは、これらセブン‐イレブン商品の入ったパッケージを吊り下げて上昇。顧客の家にまで自動で飛行し、庭にパッケージを届けた。顧客が商品を発注してから届くまで、わずか数分だったという。

米国セブン‐イレブンが、ドローン宅配のテスト飛行に成功
宅配に使用されたドローンと、セブン-イレブンのパッケージ

実験に参加し、ドローンによる宅配を経験したマイケルさんは、次のように述べている。

「うちは共働きで、7歳、6歳、1歳の3人の小さな子どもがいます。年中無休のドローン宅配を簡単に利用できれば、とても助かります。空飛ぶロボットがほんの数分で食べ物や飲み物を届けてくれたのには、本当に驚きました」

米国セブン‐イレブンが、ドローン宅配のテスト飛行に成功
マイケルさんの自宅庭に配達されるパッケージ(画像左下)

歯ブラシやシャンプー、洗剤などであれば、スーパーなどがすでに展開している“ネットスーパー”のサービスで十分だろう。だがセブン‐イレブンのドローン宅配は、これとは違う需要を掘り起こすことができそうだ。例えば、料理を開始したあとで調味料がないことに気づいたり、材料の買い忘れに気付いたとき、数分でそれらを届けてくれるコンビニのドローン宅配は便利だろう。また、子どもがどうしてもアイスクリームを食べたいと泣きだしたときにも役立ちそうだ。それが教育上良いかどうかはべつとしても。


セブンイレブン ドーナツ気分