ハローキティのドライブレコーダー
ピンクのリボンつき

ハローキティのかたちをしたドライブレコーダー(ドラレコ)「KTR1000」をセイワが7月27日に発売する。

ハローキティのドライブレコーダー背面
モニターもついている

ドラレコといえばクルマの事故やトラブル時の証拠映像を残す機器として取り付ける人が増えている。セイワもメーカーの1つ。

ただ従来の製品は多くは黒を基調とした硬い外見が多く、客からも「フロントガラスの目立つ位置に設置するので、かわいいデザインのものがほしい」という意見があった。

車内取り付けイメージ
車内に取り付けたイメージ

そこでセイワは女性でも楽しめるようなモデルとして開発したそう。事故に備えるだけでなく、ドライブの思い出を録画して、家に帰って再生して楽しむといった用途にも使ってほしいとしている。

エンジンを入れると自動で録画を開始し、エンジンを切ると録画を停止する。録画した映像はmicroSDメモリーカードに保存し、容量がいっぱいになると自動で上書きする。


ただし衝撃や振動を感知すると、緊急事態と判断して自動で録画内容を保護し、上書きはしないようにする。

これに加えクルマのエンジンを停止した状態でも、衝撃を感知すると録画を始める。車上荒らしなどを意識した機能だ。

クルマから簡単にとりはずしてコンパクトデジタルカメラのように使うことも可能。事故現場での証拠撮影に役立つ。

カメラは130万画素で、720P(1,280×720ドット)で撮影が可能。フレームレートは30fps。画角は対角120度、水平90度、垂直65度。サイズは65×56×37mm。

ドライブレコーダーのパッケージ
パッケージもキティさん

希望小売価格は1万4,800円(税別)。