ソフトバンクのアメリカ放題
アメリカ放題は買収したスプリントの回線を生かしたサービス。

ソフトバンクの携帯電話回線に契約している人が、米国で音声通話やデータ通信を無料で使える「アメリカ放題」。6月30日で申し込み不要の無料キャンペーンが終了し、混乱が広がっていた問題にソフトバンクが謝罪し、キャンペーンを再開するとの発表があった。

ソフトバンクのアメリカ放題概念図
無料の範囲

ソフトバンクは傘下に収めた米国の携帯電話会社スプリントの回線を使って、2014年にアメリカ放題を開始。当初は申し込み不要、月額利用料無料で利用できる「アメリカ放題 サービス開始記念キャンペーン」を実施していた。

キャンペーンは期間限定だったが、正式な終了日がいつになるかは長く明らかになっていなかった。ソフトバンクは2016年6月になってWebサイトやSMSで時期を案内したが、使っている人からは終了後に高額請求が発生して初めて知った、そもそも通知が届いていないとの声が上がっていた。

特に7月中旬にTwitterで事情を訴える投稿があってから次第に関心が集まり、ニュースサイトなども取り上げた。

ソフトバンクは7月15日になり、この件について「お客さまには、大変ご迷惑をお掛けしましたことを、おわび申し上げます」との声明を出した。終了前の告知の期間が十分ではなかったとしている。

キャンペーン再開の詳細は準備が整い次第、Webサイトで案内するという。また7月1日から再開までの期間についても、対象の人にはキャンペーンを適用する。思わぬ高額請求に対する救済措置となりそう。

再開後のキャンペーン終了時期は未定だが、今度は十分な告知期間を設けて通知するとしている。