はさみで簡単に切れるディスプレイ
はさみでチョキチョキできる

ハサミで好きな形に切れる新しいディスプレイを、物質・材料研究機構(NIMS)が開発した。衣服や建物などに貼り付けて使える。

スマートフォンなどのディスプレイの素材にはいくつも種類があるが、現在の主流である液晶や有機ELは密閉しておく必要があり、さらに画面の表示内容を消さないためには電気を流し続けなくてはいけないため、完成後に切ってかたちを加工するのは難しい。

そこで、密閉の必要ないポリマー素材の一種を使って問題を解決した。「エレクトロクロミック」という特性を備え、電子ペーパーのように電気を数秒流すだけで表示内容が切り替わり、電源を切っても消えずに保持できる。また好きな形に切り取ったあとでも表示を変えられる。

ハサミで切っているところ
チョキチョキ

切ったあとのディスプレイ
切ったあともちゃんと文字が表示できます

今後、NIMSはディスプレイの大面積化と多色化を目指すという。

実用化すれば、乗り物や建物の窓や外装、内装、傘やサングラスなど、さまざまなものに貼り付けて、色を自由に変えたり、必要に応じて文字や記号を表示できるようになる。