8K映像の表示イメージ
8K映像の生中継、4台のプロジェクターを組み合わせて実現する

いよいよ8月に開催となるブラジル・リオデジャネイロの夏季オリンピック(リオ五輪)。迫力ある競技の映像を「8K」の高解像度で生中継し、パブリックビューイングとして公開する試みがある。NHKが主催し、五輪スポンサーでもあるパナソニックの設備で実施する。

8Kは、最近のテレビが対応しつつある「4K」の4倍、少し前の「フルHD」と比べれば16倍の細やかさで映像を表示する。

東京・有明にあるショールーム「パナソニックセンター東京」では、リオのオリンピックとパラリンピックを盛り上げるイベント「Stadium of Wonders in Tokyo」を7月23日~9月19日に行う。

イベント期間中の8月6日~8月22日に、8Kのパブリックビューイングを予定している。NHKとオリンピック放送機構が共同制作した映像で、開会式と閉会式、陸上と競泳の一部は生中継。ほかは録画となる。

4K対応のプロジェクター4台を組み合わせ、240型の大画面に競技のようすを映し出す。明るさは4万ルーメンで。従来日本で実施した同様の試みの中でも最高の輝度となっており、明るく鮮やかだ。

4つのプロジェクターの映像を継ぎ目なくつなぎ合わせる「8Kマルチスクリーンサポートシステム」がパナソニックの自慢。4つの映像が互いに重なり合う部分の輝度を調整し、画面の境界を感じさせないようにする。また4つの映像それぞれの色の微妙な差も補正し、均一化できる。

さらにプロ用の設備音響機器で「22.2チャンネル」のサラウンドシステムを再現する。