クアッドプレーン
なかなか格好いい(出典:エンルート公式YouTube)

滑走路がなくてもヘリコプターのように飛び立つことができ、かつジェット機のように風に乗って長いあいだ飛べるドローン(無人航空機)「クアッドプレーン」。エンルートとJapan Dronesが開発中だ。

ヘリコプターのような回転翼機とジェット機のような固定翼機の長所を兼ね備える。

従来の固定翼機に4枚のプロペラを取り付けた設計。滑走路を使わずヘリコプターのように「垂直離陸」してから、ジェット機のような「水平飛行」へと自動で切り替わる。


「オスプレイ」のようなプロペラを傾ける推力偏向機能などはない、単純な構造。軽量で信頼性は高いという。離着陸は電動、飛行はガソリンエンジンという組み合わせが可能。

離着陸にだけ電気を使うためバッテリーは軽量で済み、ベースとなる固定翼機の重量負担も少なくでき、効率も犠牲にしないという。さらに超低速飛行時も4枚のプロペラで補助するため、失速せずに済む利点がある。