花火大会のイメージ
いよいよ夏も本番

もうすぐ夏も本番。花火大会の季節が近づいてきた。全国の会場のうち、最も注目度が高いのはどこだろうか。ヤフーが検索ランキングを公開した。

2015年6月1日―9月30日にヤフーで検索が多かった会場を上位10位までまとめている。トップはやはりというか、7月30日に開催する東京都の「隅田川花火大会」。江戸時代から続く歴史のある大会で、打ち上げる花火は総計約2万発。東京の夏を象徴する花火大会だ。ほかは次の通り。

2位 なにわ淀川花火大会(8月6日、大阪府大阪市)

3位 長岡まつり 大花火大会(8月2日~3日、新潟県長岡市)

4位 全国花火競技大会「大曲の花火」(8月27日、秋田県大仙市)

5位 夏季 熱海海上花火大会(7月24日~8月26日、静岡県熱海市

6位 江戸川区花火大会(8月6日、東京都

7位 神宮外苑花火大会(8月20日、東京都

8位 川崎市制記念多摩川花火大会(8月20日、神奈川県川崎市

9位 神奈川新聞花火大会(8月2日、神奈川県横浜市

10位 諏訪湖祭湖上花火大会(8月15日、長野県諏訪市

当然だが人口が多い地域の会場や、定番とも言うべき有名どころが並ぶ。ただヤフーが公開した特設サイトではこうした全国ランキングのほか、地域ごとのランキングも見られる。関東、関西の上位10位、北海道、東北、甲信越、北陸、東海、中国、四国、沖縄各エリアの上位3位を閲覧できる。

北海道の花火大会
北海道の花火大会も面白そう

開催時期や地域で絞り込んで花火大会を検索することも可能。時期が合えば旅行の予定に組み入れるのも面白いかもしれない。最新の屋台グルメ情報や、有名花火師が選ぶ花火大会10選なども読める。