やくしまるえつこ
アーティストのやくしまるえつこ氏が発表

アーティストのやくしまるえつこ氏は、新曲として「人類滅亡後の音楽(タイトル未定)」を遺伝子に組み込んだ微生物を発表するという。9月17日~11月20日に茨城県北地域6市町で開催する国際芸術祭「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」のテーマソングとなる。

茨城県北部にいる、らん藻(シアノバクテリア)の一種「シネココッカス」を利用する。

この微生物の塩基配列を組み込んだ楽曲を制作したうえで、さらに楽曲の情報をコドン(塩基配列)に変換し、DNAを人工合成して微生物の染色体に組み込む、という。

楽曲だけでなく遺伝子組み換え微生物そのものを芸術祭のテーマソングにする。微生物は自己複製し続けるため、人類が滅亡した場合も、新たな生命体が遺伝子情報を読み解き、楽曲を演奏できる可能性がある、としている。

芸術祭の期間中は、関連展示会場として東京都のコワーキングスペース「FabCafe MTRL」に遺伝子組み換え微生物の実物を展示予定だとか。若干、狐につままれたような話だが、表現としては面白い。