死角からのクルマの接近を警告するスマート自転車「vanhawks valour」

死角エリアを走るクルマを検知して知らせる「ブラインドスポットモニター」や、空から見ているような視点でクルマの周囲を確認できる「アラウンドビューモニター」など、クルマに搭載される安全技術はここ数年で飛躍的に向上した。だが自転車の安全技術は、昔からほとんど進化していない。

カナダvanhawks(ヴァンホークス)による通勤用自転車「valour(ヴェイラー)」が日本でもやっと販売開始されることになった。毎日の通勤で使うものだからこそ、最新の技術を搭載し、走行時の安全性を高めている。

「vanhawks valour」はサイクリストを守る通勤用自転車
最新の安全技術を搭載した通勤用自転車「valour(ヴェイラー)」

「valour」の最大の特徴は、「自転車ナビ用UI」と「死角モニター」を備えている点にある。ナビ用UIは、スマートフォンのナビシステムとBluetoothで接続し、目的地までのナビゲートを実施する。ナビゲーションは、ハンドルに取り付けられたインディケーター(LEDライトの点滅)を使用するため、走行しながらスマートフォンの画面を見る必要がなく、安全性を向上できる。

「vanhawks valour」、ナビゲーションシステム
「valour」のナビ用UI
最小限に情報を絞ることで、安全性を向上

「死角モニター」では、走行中に背後からクルマやバイク等が近づくと、ハンドルグリップが振動してライダーに警告を発するシステム。クルマなどとの接触事故を減らすことが可能だ。後方3メートル以内に近づいた物体を検知する。

「vanhawks valour」死角モニター
「死角モニター」では、ハンドルグリップが振動して危険を伝える

フレームはフルカーボン製。重さはわずか約13キロで、階段などを「valour」を担いでのぼるのも容易だ。

「vanhawks valour」は、小型軽量
都市部の自転車通勤では避けられない、階段の上り下りも楽に

日本総代理店のFOXは現在、クラウドファンディングサイトMAKUAKEで「valour」の販促を兼ねたキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では、23万8,400円で「valour」を購入可能だ。購入に必要な金額はキャンペーンが進むにつれて上昇し、終了後の価格は29万8,000円となる。出荷は2016年8月に予定されている。

「vanhawks valour」は今年8月販売開始
キャンペーンに成功しても失敗しても「valour」を購入できます