通勤しながら朝ご飯を食べられる「シナモントーストクランチクルーザー」

朝ご飯を食べない人は世界的に増加中。特に若い人の間で増えているようです。その理由の1つは、時間がないこと。朝ご飯を用意して食べ、それを片づけていると会社に遅れてしまうというのを理由(言い訳?)に上げる若い人が多いそうです。

この状況に対応するため(?)、米国のシリアルメーカーのシナモントーストクランチは、通勤しながら朝ご飯を食べられる「シナモントーストクランチクルーザー」を公開しました。

「シナモントーストクランチクルーザー」利用方法
シリアルボウルにシリアルを入れ、ミルクを注ぎ

「シナモントーストクランチクルーザー」使い方2
スプーンホルダーからスプーンを取れば

通勤しながら朝ご飯を食べられる「シナモントーストクランチクルーザー」
街を走りながらシリアルを食べられる!
これが、「シナモントーストクランチクルーザー」

「シナモントーストクランチクルーザー」は、体重移動でコントロールするミニセグウェイ(ホバーボード)に、シリアルボウルを取り付けた乗り物。最近流行の電動タイプのパーソナルモビリティによる通勤で炭酸ガスの排出を抑えつつ、シリアルを食べて健康になるという一石二鳥を狙っています。

ホバーボードタイプの乗り物「Oxboard」
参考画像:ミニセグウェイ(ホバーボードタイプ)の乗り物
参考情報:乗っている男性は、ターミネーターではない

シナモントーストクランチは、「シナモントーストクランチクルーザー」を使って家から会社までの通勤を勧めているわけではありません。そうではなく、電車などの駅にレンタルクルーザーを設置し、駅からオフィスまでのラストマイル移動に利用してもらうことを提案しています。

シナモントーストクランチクルーザー貸出所
シナモントーストクランチクルーザー貸出所
(画像はあくまで、イメージです
現時点では貸出所は実在していません)

レンタルクルーザー貸出所には、シリアルの自動販売機も設置。通勤しながらの朝食をサポートします。

シナモントーストクランチクルーザー貸出所のシリアル販売機
至れり、尽くせり?

レンタルクルーザーの貸出にはもうひとつの大きなメリットが。それは、2015年8月にグル―バル市場リサーチ企業Mintelが公開した調査報告と関連があります。2016年2月22日付けの米国メディアNew York Timesには、次のようにあります。

「2015年のMintelによる調査では、ミレニアル世代の40%は、シリアルは食べたあと食器を洗わなければならないため、面倒くさい朝食メニューだと回答した」

実際、シリアルの売上は2000年には139億ドルだったのに対し、2015年には100億ドルにまで落ち込んでいるそうです。

この傾向はシリアルだけに限らず、例えばコーヒーにも現われているのだそう。少し前まで若い人たちは、朝は自分でコーヒーをいれていました。でもいまは、スターバックスなどで買って飲み、紙のカップは捨てています。これだとカップを洗う必要がないため面倒くさくないというわけです。

クルーザーをレンタルにし、シリアルボウルを自分で洗わなくても済むようにしてしまえば、「シナモントーストクランチクルーザー」は人気がでて、シリアルの売上も復活するかもしれません。

「シナモントーストクランチクルーザー」ユースケース
屋外で食べるシリアルはうまい!?

さて、シナモントーストクランチは、どれくらい真剣に「シナモントーストクランチクルーザー」に取り組んでいるのでしょうか?実際のところ、それほど本気とは思えません。でも、彼らは昨年には、食事しながら自撮りができる自撮り棒付きスプーン「SELFIE SPOON」を発売しちゃった人たち。今回も、絶対にないと言い切れないかもしれません。

シナモントーストクランチが昨年発表した自撮り棒付きスプーン「SELFIE SPOON」
参考画像:自撮り棒付きスプーン「SELFIE SPOON」
まじか!


通勤しながら朝ご飯を食べよう!「シナモントーストクランチクルーザー」