歌っちゃお検索アイコン
新たな鼻歌検索アプリ、一味ちがう?

鼻歌だけで楽曲の名前を検索してくれるアプリケーション「歌っちゃお検索」を、ヤマハが公開している。iPhoneから利用できる。

iPhone画面に表示した鍵盤を弾いて楽曲を検索するアプリ「弾いちゃお検索」に、鼻歌検索の機能を加えて改名した。弾いて検索する機能も引き続き使える。

弾いちゃお検索画面
鍵盤を弾いて検索する機能も健在

検索結果では、楽曲を約10秒程試聴でき、探していたものかどうか確認できる。検索結果から「iTunes Store」などで楽曲を購入することも可能。さらにFacebookやTwitter、メールなどで検索結果を共有できる。

検索結果の共有画面
TwitterやFacebookに手早く共有

これまでの鼻歌検索とどう違う?


実は歌声検索や鼻歌検索ができるアプリはほかにもある。

新アプリはそれらとどう違うのだろうか。ヤマハは次のように説明する。

従来の鼻歌検索では、数秒ほど歌うと検索が始まるが、求めていた結果が出ないと、また最初から歌いなおす必要があり、場合によってはその繰り返しになる。

しかしヤマハのアプリでは、探していた楽曲が見つからなかったあと、最初からではなく続きを歌うことでどんどん目当ての楽曲に近づける。

歌っちゃお検索画面
歌えば歌うほど目当ての楽曲に近づける

ヤマハ独自の楽器演奏評価技術「virtana(ヴィルターナ)」のおかげだ。


またもし、歌っている途中で続きのメロディをど忘れして止まったとしても、あとから再び歌い出せば、ちゃんとひと続きの楽曲だと認識して検索してくれる。

キーやリズムに関係なく、楽曲のどの部分のメロディーを歌っても検索することが可能。サビや印象的なフレーズしか覚えていない場合、原曲キーで歌うのが難しい場合でも、探していた曲を簡単に見つけられるという。

ところで、ヤマハはこのアプリを支えるvirtanaの技術を外部の企業が使えるようにしている。人が歌ったり奏でたりすると、ロボットがその続きのメロディを一緒に歌ったり、合奏してくれたりする、といった使い方ができるという。