ドリルで走行する電動スケートボード

欧米では、公共の交通機関の駅から最終目的までの「ラストマイル」移動用の乗り物が大流行り。なかでも電動スケートボードは、電車などに手軽に持ち込めることや、時速30キロ程度で走行できることもあって人気が高い。

参考画像:通勤・通学で使われる電動スケートボードの例
参考画像:通勤・通学で使われる電動スケートボードの例

だがその価格は1,000ドルを超えるものが多く、スケートボードにそこまでのお金はかけられないと敬遠する人も。

そんな人たちのために、自らのDIY製作物をYouTubeで紹介しているInspire To Makeが、ドリルをエンジンにして走行するスケートボードの作り方「Cheap and Easy DIY Electric Skateboard」を公開した。ビデオの指示通りに製作すれば、市販の電動スケートボードよりも安い価格で自作可能なだけでなく、「ドリルで通勤したい!」という大人の夢(?)を実現できる。

電動スケートボードを自作する「Cheap and Easy DIY Electric Skateboard」
ドリルをエンジンにして走行するスケートボード

「Cheap and Easy DIY Electric Skateboard」自作中の画像
市販品よりも安く自作可能!

自作する上で最大のポイントは、フレキシブルシャフトを使用したこと。天井や奥まった場所のネジを締めるために使うこの“ドリル用ツール”を、ドリルのモーターからスケートボードのホイールに動力を伝える“ドライブトレイン”として利用したのだ。これにより、ドリルを手に持ち、スイッチなどをコントロールしながらの走行が可能になった。

自作のポイントはフレキシブルシャフト
自作のポイントはフレキシブルシャフト
ドリルを手に持った状態で、スピードなどのコントロールを可能にした

電動スケートボードによるInspire To MakeのYouTubeチャンネルには、自作に必要なものが記載されている。これらをすべて新規に購入すると、約400ドルとなる。だが、すでにドリルやボード、ホイールなどを所有していてそれを流用する場合には、もっと安く自作することも可能だ。

電動スケートボード作成に必要な工具の例
自宅に工具があることが条件
工具を用意するところからスタートすると、むしろ割高?

Inspire To Makeが使用したものと同じタイプのドリルを使用した場合、一回の充電で約16キロ走行できるという。これは、駅からオフィスまでの移動には十分な距離だ。

ドリル電動スケボーは、一回の充電で最大16キロ移動可能
一回の充電で最大16キロ移動可能
ラストマイル移動には十分な航続距離

通勤の手段について聞かれると、普通は電車やクルマが頭に浮かんでしまう。だが実際には、人がひとり移動するにはドリルがあれば十分なのだ。これは驚きの発見と言ってよいだろう。実際に、ドリルで移動したいかどうかは別にしても。


ドリルで走るスケートボードを自作する「Cheap and Easy DIY Electric Skateboard」

なおスケートボードは、日本の道路交通法では公道での使用が制限されている。また、交通が頻繁ではない道路で走行する場合でも、電動ドリルを手に持って走行している人は通報されてしまう可能性が高いと思われる。自作された方は、安全なスケートボードパークなどで許可を得てから利用されることをおススメする。

電動スケートボードは日本では、公道走行が制限されている
そんな人はいない、とは思うが、念の為