フルーツがたくさんのったクレープ
今度はクレープ、もう何が来ても驚かない

人工知能(AI)技術でレシピを作ったクレープ料理が味わえる、とうたったカフェバーが東京・世田谷にオープンする。店名は「Crepe Cafe & Bar esprit de esprit(クレープカフェ&バー エスプリ・ド・エスプリ)」。

空前のAIブームのなか、AIの名前を冠したありとあらゆる試みが登場しているが、今度はクレープだ。カフェバーは小田急線「経堂」駅徒歩1分の飲食ビル「ドム経堂」内にあり、11月30日までの期間限定店で営業する。

メニューはレシピ開発専用人工知能「esprit(エスプリ)」が機械学習の手法を生かして開発したという。

特徴は独自配合で「しっとり&もちもち」の食感があるクレープ生地をはじめ、マダガスカル産最高級ヴァニラビーンズや洋酒が香るオリジナルクリーム「クレーム・ド・エスプリ」、そして新鮮な旬の果物や生ハム・チーズなどの厳選素材。これらの組み合わせによるスイーツ系、おかず系のクレープが楽しめるそう。

なお、このカフェバーは、福岡市が助成するスタートアップ支援プログラム「LAUNCH BASES」がかかわる実験店舗。