Galaxy S7 edge Injustice Edition
バットマンのロゴをあしらっている

「バットマン」デザインのスマートフォン「Galaxy S7 edge Injustice Edition」を、KDDI(au)が6月下旬に発売する。

最新スマートフォン「Galaxy S7 edge」の限定モデル。通常モデルと同じく防水、防塵(ぼうじん)で、microSDメモリーカードを挿入でき、デジタル一眼レフの技術を応用したカメラ、3,600mAhの大容量バッテリーが特徴だ。

黒を基調にしたデザインは、バットマンをはじめとするアメリカンコミックの版元である「DC コミック」のヒーローとヴィラン(悪役)が登場するゲーム「Injustice: Gods Among Us(インジャスティス 神々の激突)」とのコラボレーションによるもの。

Galaxy S7 edge Injustice Edition、全体図
ゲームとのコラボレーション

背面にバットマンのロゴをあしらい、ホーム画面に特別な壁紙やアイコンなどを表示している。さまざまな付属品があり、例えば限定カラーの仮想現実(VR)対応ヘッドマウントディスプレイ「Gear VR Black Edition」、バットマンのコスチュームを連想させる「Injustice Edition スペシャルカバー」、ゲームの体験版が楽しめる「Injustice ゲームバウチャー」(100ドル相当) 、「Oculus VR コンテンツバウチャー」(50ドル相当) などだ。

Galaxy S7 edge Injustice Editionの付属品
付属品も色々。ブルース・ウェイン気分

auのショッピングサイトで100台限定で取り扱う。背面には100台限定を示す1~100までのシリアルナンバーが刻印してある。ちなみに、Galaxy S7 edgeの通常モデルはNTTドコモなども販売するが、この限定モデルは国内ではauのみとなる。


受付開始時期などの詳細は、後日、auの公式サイトで紹介するとのこと。