iRemocon Wi-Fi (SM)
iRemocon Wi-Fi (SM)、家の電力消費を教えてくれる

スマートフォンに家庭の電力消費状況をリアルタイムに通知する装置「iRemocon Wi-Fi (SM)」をソフトバンク コマース&サービスとグラモが開発した。すでに販売が始まっている。ほかにもさまざまな機能がある。

スマートメーターと連携し、30分ごとの電力使用量と料金をリアルタイムに確認することができる。あらかじめ設定した電力量を超えると予測すると、専用アプリケーションを入れたスマートフォンに通知する。また本体内蔵のブザーを鳴らして警告することも可能。

HEMSのアプリ表示
スマートフォンに通知してくれる

HEMSの概念図
スマートメーターとの連携が必須

特に 「ソフトバンクでんき」の「バリュープラン」など、過去1年間のピーク電力に応じて基本料金が設定されるプランを契約していると役立つ。

これに加え、自宅のWi-Fiに接続すると、さまざまな電子機器をスマートフォンから音声などで遠隔操作できる。外出するとエアコンを消したり、自宅付近で照明を点灯したりするなど、GPSによる位置情報と連動して自動制御を行える。

これに加え温度・湿度・照度センサーを搭載し、熱中症になりやすい環境かどうかや乾燥しているかどうかなど調べられる。カビやダニ、ウィルスなどの発生リスクが分かるため、ペットや子どもの環境が気になる場合に便利だ。

希望小売価格は3万2,000円(税別)。