富士フイルムは、ミラーレスデジタルカメラ「Xシリーズ」用テレコンバーターとして、超望遠領域の撮影を可能にする「フジノン テレコンバーター XF2X TC WR」を6月16日に発売する。フジフイルムモールの販売価格は5万8,860円(税込)。

同製品は、カメラボディと主レンズ(※1)の間に装着することで、主レンズの焦点距離を2倍に拡大(※2)する高性能テレコンバーター。主レンズの光学性能を引き出す高画質設計で、優れた描写性能を実現するとしている。

防塵・防滴・-10℃の耐低温構造も採用している。防塵防滴構造のミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro2/ X-T1」および、交換レンズ「フジノンレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR/ XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」と組み合わせると、アウトドアでも水や砂の侵入を気にせず撮影できる。

※1 装着可能なレンズは「フジノンレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR/ フジノンレンズ XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」。(2016年5月19日現在)
※2 F値は2段暗くなる。