OCW-G1100C
OCW-G1100C

地球を取り巻く成層圏から宇宙へと続く色の変化を表現した腕時計「OCW-G1100C」を、カシオ計算機が世界限定1500個で6月10日に発売する。GPSで現在位置を把握し、電波を受信して時刻を修正、さらにソーラー電池で自動充電する。

「OCEANUS(オシアナス)」ブランドの「OCW-G1100」をベースモデルに、地球を覆う雲のホワイト、澄み渡る青空のブルー、広大な宇宙のブラックを配している。

UTC(世界協定時)からの時差を表記したベゼルに、時差のプラス部分をブルー、マイナス部分をブラックで表現している。素材にセラミックを用いて、耐摩耗性と質感をもたせた。

2色成形セラミックベゼル
2色成形セラミックベゼル

文字盤はグラデーションを施し、2時側のインジケーターに白蝶貝を用いている。

白蝶貝(インジケーター)
白蝶貝(インジケーター)

秒針の針軸、りゅうずには再結晶ブルーサファイアを使い、人工衛星を思わせる12時のインデックスにひときわ存在感のあるバケット型を採用している。流星をかたどった針軸の再結晶ブルーサファイアと秒針を彩る金色の組み合わせで、高級感を出した。

再結晶ブルーサファイア
再結晶ブルーサファイア

機能面では、ベースモデル同様、時計回り・反時計回りともに運針速度の速いデュアルコイルモーターを6時位置のインダイアルに搭載。ワールドタイムの素早い時刻切り替えと緩急をつけた遊び心のある針の動きを可能にしている。

サイズは51.1×46.1×15.1mm。重さは102g。希望小売価格は30万円(税別)。