立体物を出力できる3Dプリンターとしての機能に加え、立体のかたちを読み取る3Dスキャナー、レーザー刻印機の1台3役を果たす小さな3D複合機「ダヴィンチJr. 1.0 3in1(ジュニア 1.0 スリーインワン)」が6月1日に発売予定だ。

XYZプリンティングジャパンの新製品。サイズは420×430×380mm。同社の3Dプリンタ―「ダヴィンチ」シリーズに比べて50%小さく、最大15×15×15cmまでの立体物を出力することが可能。

プリンター、スキャナーとしての機能を標準搭載するほか、有料オプションとしてレーザー刻印機の機能を追加でき、紙、木材、革などの素材に繊細な図形やイラストを正確に描ける。

またUSB 2.0に加えWi-Fiを使って無線でPCなどに接続できる。密閉式の設計で音はあまりうるさくなく、教育現場や家庭環境で使えるとしている。省電力性にも配慮している。


立体物の素材となるフィラメントにはトウモロコシのでんぷんを抽出して作ったPLA樹脂を使うため、リサイクル、分解が可能。

本体の希望小売価格は8万9,800円(税込、以下同じ)。レーザー刻印用のオプションは価格未定。なお、これに先立ち5月18日に直径0.3mmの極細エクストルーダーも発売する。そちらは6,800円。