「PowerShot SX620 HS」(レッド)
「PowerShot SX620 HS」(レッド)

キヤノンは、コンパクトデジタルカメラの新製品として「PowerShot SX620 HS」と「IXY 650」の2機種を5月下旬に発売。どちらも有効画素数約2,020万画素の高感度CMOSセンサーを採用している。

「PowerShot SX620 HS」は、従来機種(PowerShot SX610 HS)と比べて軽量化を実現したモデル。広角25mmから望遠625mm相当までの撮影領域に対応する光学25倍ズームレンズも新たに搭載している。気軽に持ち歩いて、多彩なシチュエーションをきれいに写せるそうだ。

「PowerShot SX620 HS」(ブラック)
「PowerShot SX620 HS」(ブラック)

「PowerShot SX620 HS」(ホワイト)
「PowerShot SX620 HS」(ホワイト)

サイズは約96.9×56.9×27.9mm、質量は約182g。カラーバリエーションは「ブラック」「ホワイト」「レッド」の3種類。キヤノンオンラインショップの販売価格は3万1,800円(税抜、以下同じ)。

「IXY 650」は、広角25mmから望遠300mm相当までの撮影領域に対応する光学12倍ズームレンズを搭載したモデル。デジタルズームを進化させた「プログレッシブファインズーム」により、光学ズーム倍率の約2倍にあたる約24倍までのデジタルズーム領域も、高い解像感を維持したまま撮影できるそうだ。Wi-Fi機能も搭載している。

「IXY 650」(ブラック、シルバー)
「IXY 650」(ブラック、シルバー)

サイズは約99.6×58.0×22.8mm、質量は約147g。カラーバリエーションは「ブラック」「シルバー」の2種類。キヤノンオンラインショップの販売価格は2万2,800円。