ロボット大賞の募集が始まった
ロボット大賞の募集が始まった

日本政府は、特に優れたロボットを表彰する「第7回ロボット大賞」の募集を開始した。総務省が謎の顔文字とともにTwitter上で紹介している。


ロボット大賞は、総務省をはじめ経済産業省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省が連携し、ロボット技術の発展や活用拡大をうながすため、特に優れたロボットをたたえる取り組み。

5部門・5分野を表彰対象としている。詳細については公式サイトで確認されたい。

賞は複数あり、今回から新たに「総務大臣賞」が加わった。ほかにも「経済産業大臣賞」「文部科学大臣賞」「厚生労働大臣賞」「農林水産大臣賞」「国土交通大臣賞」などを用意している。

6月30日まで応募を受け付け、審査を経て10月19日に東京ビッグサイトで表彰式を開催する。また受賞したロボットは式当日を含む3日間、展示、デモンストレーションも行う予定。

ちなみに、総務省がTwitterで投稿した顔文字についてだが、恐らくロボットをあらわしていると思われる。