ゲリラ豪雨や霧などを小型の無人航空機(ドローン)で監視する実験が、この夏から始まる。気象予報会社のウェザーニューズとドローン運航会社のエアロセンスが共同で実施する。

全国に8カ所あるエアロセンスの施設に、気象観測用のセンサーを備えたドローンを配備する。ゲリラ雷雨や霧などの監視に加え、災害発生時には被災地の状況把握も行うという。

今後、ドローンに搭載するセンサーの選定や開発を進める予定。夏の実験が終わった後は大規模なイベントの開催や、首都圏の降雪などに合わせてドローンによる観測を行い、徐々にエアロセンスの管理するすべてのドローンにセンサーを組み込む。