太陽光など再生可能エネルギーで作った電気を、水素燃料としてたくわえておき、あとから再び電気に変えるシステム「H2One」。新たに災害時に被災地へすばやく移動し、電気を供給できるトラック型が登場した。東芝が開発している。

4トントラック2台で構成しており、水素製造装置、水素貯蔵タンク、蓄電池、純水素燃料電池を搭載している。

タンクには水素を高密度で貯蔵できる水素吸蔵合金を採用し、従来モデルの貯蔵能力を維持しながらも小型化した。

災害時には被災地に短時間で移動し、電気とお湯を供給する電源車としてはたらく。騒音や振動がほとんど発生しない純水素燃料電池で発電するため、夜間の利用にも適しているという。

なお、トラック自体にはソーラーパネルなどは備えておらず、ふだんは外部の施設と接続して燃料を作り、たくわえる。