熊本地震の被災地に住む人で、KDDI(au)の携帯電話、スマートフォンを使っていると追加で10GBのデータ通信量が利用できる。避難先で地震情報などを収集するのに役立つ。追加料金などはかからない。

対象となるのは、auに契約していて、熊本地震の影響によって災害救助法が適用となる地域に住む人。契約者住所または請求書送付先住所が該当する地域にあればよい。

4月19日以降、順次、自動で10GB分が受け取れる。また、すでに4月14日以降に「データチャージ」で通信量を購入していた場合、10GB以内であればその分の料金はかからない。

指定のパケット定額サービスまたは料金プランに加入していることが条件だ。


なおNTTドコモ、ソフトバンクでは、被災地に住む人が月々のデータ通信量上限を超えても速度制限なしに利用できるようになっている。そちらは4月末までの措置だ。