装着するだけで心拍数が測れる腕時計「ForeAthlete235J」が4月21日に発売予定だ。ランニングなどに便利。Garmin(ガーミン)の製品で、いいよねっとが取り扱う。

血管に光をあてて脈拍を読み取る「光学式心拍計」を備える。ガーミンでは以前から同じような製品が出ているが、より性能が向上した。

一般的な距離やペースの他、最大酸素摂取量(VO2Max)を推定したり、トレーニング後の休息に必要な時間を計算したり、レース出場時の予想タイムを出したりできる。また測定結果を外部の機器に送れる。

厚みは11.7mm、重さは42gと小型軽量。215×180ピクセルのカラー液晶を備える。

米国の「GPS」をはじめロシアの「GLONASS」、日本の「みちびき」といった衛星測位システム受信を使って現在位置を調べられる。

スマートフォンと連携し、各種データを同期するほか、電話の着信やTwitter、Facebookの新着通知を受け取れる。音楽の再生、停止、曲送りなども行える。どこかに置き忘れたスマートフォンを探せる機能もある。

新たにオーディオアラート機能を備え、スマートフォンに接続したイヤホンから、ペースやタイムなどを音声で聞ける。毎日の活動量と睡眠状況を記録、管理するライフログ機能も備える。

このほか走っている際に腕を上げて時計を見る動作をするだけで自動でバックライトを点灯するリストターン機能なども付いた。

カラーは「BlackRed」「BlackOrange」「BlackGreen」の3種類。


価格はいずれも3万6,800円(税別)。