東京都内の書店をあちこち訪れて楽しむための「TOKYO BOOK MAP」が公開になった。スマートフォンで専用サイトを開けば利用でき、アプリケーションを入れる必要はない。

TOKYO BOOK MAPは、位置情報や地図から書店を探せる。本屋までの距離を「徒歩5分」「おさんぽ圏内」と直感的に表示したり、独自のいいね機能やクチコミ機能で情報をシェアしたり、天気予報を見たりできる。見る画面の大きさによってデザインが変わるレスポンシブ対応で、スマートフォンだけでなくPCからでも使いやすい。

掲載しているのは東京周辺にある「セレクト書店」「個性派古書店」「品揃え豊富な大型書店」など。順次、書店の数と対象地域を拡大していく予定だとか。

近日中に関西版(大阪・京都・神戸)も利用できるようになったり、新たに書店の人気ランキングなども見られたりする見通し。

Amazon.co.jpをはじめとするオンライン書店や電子書籍に押されがちな、リアル書店に脚光をあてようという取り組み。.elephant(ドットエレファント)という神奈川県のSOHO(ソーホー)が開発している。

最近、雑誌などがよくリアル書店の特集を組み、「本との出会い」「知的好奇心を満たせる」など体験面から再評価する風潮があることも踏まえている。