新ブラウザーを公開予定だとか
新ブラウザーを公開予定だとか

Webブラウザー「Firefox」を開発するMozilla(モジラ)財団は、6月にも「超高速」な新ブラウザ―を公開するという話題が、海外で続いている。3月半ばごろに持ちあがり、果たしてどうなるのかと今もってささやかれている。

ブラウザーの中核であるレンダリングエンジンとして、従来の「Gecko(ゲッコー)」ではなく、「Servo(サーボ)」を採用する。名前もFirefoxではなく、「Browser.html」というきわめて紛らわしいものになる。

開発にたずさわる人向けのメーリングリストで、モジラの技術者Paul Rouget(ポウル・ルジェ)氏が明らかにした。6月にもサーボを搭載したBrowser.htmlの最初の版を公開する計画だそう。

サーボ
サーボ

サーボは、「Rust」というプログラミング言語で作ってあり、Webサイトを表示する際のさまざまな処理を並列、高速で行える。アプリケーション開発プロジェクトの共有サービス「GitHub(ギットハブ)」を中心に実用化に向けた取り組みが進んでいる。

いくつかのニュースサイトがこの話題を取り上げ、Webサイト表示の速さに期待をかける論調もちらほら見られる。もっとも新ブラウザーは当面開発者向けで、今回のプレビューで成功を収めたとしても、一般の人が使う製品版になるのはかなり先の話だろうという意見が多い。