「ハイレゾ」音源に非対応のスマートフォンでもハイレゾ音源を再生できるイヤホン「EHP-CHR192」を、エレコムが4月中旬に発売した。

CDの3倍以上の情報量を持つハイレゾ音源を再生できるよう、DACを内蔵したアダプターと、ハイレゾ対応のイヤホンがセットになっている。USB OTG規格に対応した機種に接続する。

アダプター
アダプター

イヤホン
イヤホン

DACには最大出力90mWの旭化成エレクトロニクス製「AK4430ET」を採用。オーバーヘッドホンでも量感と解像感の高いヘッドホンアンプを搭載する。サンプリング周波数は最大192kHz、量子化ビット数は最大24bitに対応する。

ハウジングには、駆動ノイズの影響が少ないアルミ素材を使い、ブロックから切削加工することで、剛性と精度の高さを両立させた。デジタル部とアナログ部をコンパクトな基板にまとめ、デジタルノイズの影響を抑えた。また電源やアナログ回路を低インピーダンス化、SN比と駆動力を高めた。

省電力で、スマートフォンから供給する電源だけで動く。大型ボタンとクロスレイアウトを採用したリモコン、回転可能なクリップを備える。

アダプターはゴールドとシルバーの2種類。イヤホンも同色になっている。なおアダプター単品の「EHP-AHR192」シリーズもある。

希望小売価格はイヤホンとのセットが3万1,903円(税込、以下同じ)、単品が2万801円。