スマホバンクは、「スマホの防水対策シール」を4月15日にリニューアル発売する。iPhone 6/6sに対応しており、希望小売価格は1,280円(税別)。大手通販サイトなどで購入できる。

小さなすき間をふさいで水の浸入をブロック
小さなすき間をふさいで水の浸入をブロック

同製品はiPhoneの水没故障を防ぐためのシール。水が浸入しそうなすき間を薄い透明シールで覆うことで、防水性を高められる。通話やカメラ、充電などの操作を妨げることがなく、ガラス保護フィルムやiPhoneケースとの併用も可能。


2015年12月に発売された旧モデルの製品に対しては、「貼るのが難しい」「シワができる」といった指摘があったという。今回のリニューアル版は、補助フィルムの粘着力の変更により貼りやすくなったほか、切れ込みの増加によりシワの問題が改善したそうだ。

貼りやすさが向上したそう
貼りやすさが向上したそう

スマートフォン修理業も展開するスマホバンクの実績によると、水没故障事例の90%は「コップの水を倒した」「トイレに落としたけど直ぐに拾った」という程度の水没が原因だという。同社は「スマホの防水対策シール」の防水性能について、「トイレに落としても直ぐに拾えば故障しないレベル」と説明。水没故障のリスクを大幅に減らせるとしている。