オムロンは「横浜・八景島シーパラダイス」(神奈川県横浜市)のアクアミュージアムにて、「デジタルいわし」の展示を実施。デジタルのいわしが集団で行動する様子を、大画面で鑑賞することができる。展示期間は3月26日~5月8日。


この展示は、自然界のいわしが外敵から身を守るために、集団で調和しながら行動する「サーディンラン」を再現したデモンストレーション。人工知能(AI)を搭載した「デジタルいわし」1万5,000尾を185インチの大画面に投影する。デジタルいわし達は互いにぶつかることなく、同じ方向で整然と泳ぎ廻るそうだ。来場者が操作できるアイコン「いわしキング」も用意されており、デジタルいわしに追いかけさせることができる。

オムロンによると、デジタルいわしは、仲間や外敵との距離などをリアルタイムにセンシングしながら、どのルールを優先すべきか自ら判断し、仲間との距離をコントロールして泳ぐという。同社はこうした技術が、自動車の自動運転などに代表される「人と機械が最適に調和した豊かな社会」の実現に貢献していくとの見方を示している。

デジタルいわしの展示場所は、アクアミュージアム 1F ジンベエホール。鑑賞は無料だが別途入館料が必要となる。