ハンドルにカメラが付いている(画像出典:豊田合成)
ハンドルにカメラが付いている(画像出典:豊田合成)

トラックドライバーの脇見、居眠りを見張り、事故を防ぐため警報を発するハンドルが一般向けに発表となった。自動車部品の製造などを手掛ける豊田合成が開発したもの。

従来のハンドルと交換できるカメラ付きハンドルと、専用アプリケーションを搭載したスマートフォンで構成する。カメラでドライバーを撮影し、その画像をスマートフォンに送って解析する。もし一定時間、脇見していたり、眼を閉じたままだったりした場合には、スマートフォンから警報を発する。

(画像出典:豊田合成)
(画像出典:豊田合成)

さらにスマートフォンの通信機能を使って位置情報を把握したり、ドライブデータを解析したりすることも可能。

豊田合成によると、最近のクルマには脇見、居眠り防止機能を備えたモデルがあるが、トラックは製品寿命が長く、簡単に買い替えが進まない。そこで後付けで事故を防ぐ製品を作ったという。

すでに2014年から豊田合成のグループ会社TGロジスティクスのトラック15台にこの製品を搭載し、累計走行距離約10万km以上の実証試験を行い、一定の効果を得たそう。今後、物流委託先へ展開し、そのほかのトラック事業者への販売も検討するとのこと。